マクロな世界へ

苦手だったマクロ撮影に最近ハマりつつあります。 先日、久々にマクロレンズを使ってみて、どうにも要領が判らならなかったのですが、ネットやら本を読んで少し勉強してみました。

コツは、カメラの固定(三脚使用)、マニュアルフォーカスでライブビュー拡大してピント合わせ、照明、被写界深度....等々、とにかく一杯ありそうです。

ここ数日、庭の沈丁花が咲き始めたのでマクロで撮ってみました。

まず、花全体です。
画像

すこし、寄せて雄しべにピンとを置きます。花弁にベルベットのような構造があることが判ります。
画像

更に寄せてみました。構図が難しいです。
画像


庭に咲いてた5mmくらの雑草の小さな花....これまで、ただむしるだけでしたが、これにも立派な構造があるんですね。それが解ると健気に思えていとおしくなりますね。
画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック