ユーザ車検 BP5 F型 レガシィTW 

少し前のことですが、レガシィの車検に行って来ました。
車検は、期限の1ケ月前から受けられます。 11月4日が満了日なので、10月4日から受けても車検の期限は変わりません。それより前に受けると受けた日から2年になるので要注意です。

車検を受ける場合は、自動車検査インターネット予約センター
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/pc/reservationTop.do
で最寄りの陸事で継続検査の予約が必要です。

予約をして、必要書類を準備して、陸事に向かいますが....、その前に、ヘッドライトの光軸調整だけは予備検査を受けておいた方が良いです。 陸事の検査ラインのヘッドライトの光軸検査はとてもシビアなので。

ということで、八王子の陸事に向かう前に、ライトの予備検査を受けます。
いつもお世話になっている佐野自動車さんです。
画像

ここで、自賠責保険の次の24ヶ月分加入することもできます。 

ライトの検査中です....最近の検査ラインでは、ライト下向きで検査して、NGなら上向きで検査することになります。このタイプのレガシィの場合、下向では検査合格しないので、上向きで受けます。
画像


陸事に着いて、継続検査の書類揃え、重量税と検査費用を収めて受付をすると、3番の検査ラインに並ぶよう指示されます。八王子の場合、このラインがユーザ車検に割り当てられているようです。
画像


検査ラインに入る前に、スモールランプ、フォグランプ、ヘッドライト上下、ウンカー、ハザード、ストップランプ、バックランプ、クラクション、ウォッシャー液、ワイパーの動作と走行距離、運転席の状態、車台番号、エンジン形式、その他外観全般の検査があります。 これに合格すると検査ラインに入ります。

検査ラインでは、最初にサイドスリップ、ヘッドライト、スピードメータ、ブレーキの検査を受けます。合格すると全部丸が点灯するので、合格印の打刻をして、次の排ガス検査に進みます。
画像


排ガス検査では、マフラーに検査プローブを差し込んで、アイドリング状態で結果を待ちます。
合格の丸印が点灯したら、結果を打刻して下回りの検査に進みます。
画像


下周りの検査は、車をゆすりながら各部の緩みやガタ、オイルやグリス漏れがないかチェックされます。
合格すると、車を検査ラインの先に移動して、総合判定をもらいます。
画像


総合判定で合格印を頂き、晴れて検査合格となります。
画像


これを、窓口に提出すると、2年間の車検証とフロントガラスに張り付ける標章が交付されます。
画像


最近は、ユーザ車検もポピュラーになって来ているので、検査ラインでヘルパーの方をお願いできます。不慣れなラインでもまごつかずスムースに検査を受けられます。
もちろん、検査に合格するレベルに日頃からメンテナンスをきちっとしておくことが前提ですけどね。

ちなみに、今回の費用は、
重量税:24,600円
検査費用:1,800円
予備検査(ライトの光軸調整):1,000円
自賠責保険:25,830円(24ヶ月)

合計:53,230円 でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック