3万km整備Ⅱ BP5 F型 レガシィTW

3万kmごとのオイル交換整備をしました。 3万kmごとにATFと前後のデフオイル、パワステオイルを交換することにしています。 ただ今回は、半年前にパワステポンプを交換しているので、パワステオイルは交換しません。
画像


まずATFですが、これは前回同様コミヤオートさんで圧送式のATF交換機で行いました。オイルはWAKO'SのSAFTY-Sです。前回もこれを入れましたが、5%ほど燃費が改善したことと、3万km走行時点でほとんど変速ショック、特に減速から加速に切り替えた時によくでる変速ショックがなかったので、今回もこれをチョイスしました。
画像


圧送式の交換機につなぎます。 変速機とオイルクーラーの配管の途中にATFの圧送機を割り込ませます。
画像


古いATFを抜きます。真ん中の黒いのですが、まだ赤みがあります。
画像


新しいATFを入れて、圧送機のフィルターで汚れを取ります。10分ほどで新油(手前)とほとんど同じくらい綺麗になります。 この圧送機での交換は、トルコンとミッションと併せてATF全体のクリーンアップができるのが最大の特徴です。 最初に9万kmで交換した時は、かなり汚れていたので20リットル交換しました。2回目と今回(3回目)は9.8リット(BP5のオイル容量)で綺麗になりました。 この機械はかなり優れものですが、名前がトルコン太郎で...もう少しカッコ良い名前にした方が...(個人の感想です).
画像


スバル特有のATFラインのフィルターも同時に交換しました。 料金は、フィルターの交換工賃込みで21700円です。ATF交換すると、アクセルに対するダイレクト感が出て気持ちが良いです。

帰宅後、エンジンオイルとオイルエレメント、エアフィルター、デフオイルを交換します。
画像


エンジンオイルを抜いて、フィルターも外します。 この車を購入してから14回目のオイル交換です。
画像


オイルドレーンボルトを新しいワッシャー入れて、42N・mで締めます。
画像


オイルフィルターの取り付け面を綺麗にして、新しいフィルターを取り付けます。
画像

画像


エンジンオイルは、いつもの激安シェブロンシュープリーム10W-40です。
画像


オイル交換が終ったら、エアフィルターを交換します。 約1万km走行したフィルターの汚れです。オイルフィルターと一緒に交換します。モノタロオリジナルです。
画像


次にフロントデフオイルの交換です。 ドレーンから古いオイルを排出します。
画像


古いオイルの排出が終ったらドレーンボルトを70N・mで締めます。 
画像


ターボユニット後ろ側にあるオイル注入口から新油1.3リットを入れます。オイルはWAKO'SのRG5120LSDです。
画像


オイルゲージでオイル量を確認します。
画像


次に、リアのデフオイル交換です。まず、注入側のボルトを緩めます。
画像


次にドレーンボルトを抜いて、オイルを排出します。
画像


ドレーンボルトを49N・mで締めて、オイルを注入します。
画像


オイルが注入口から洩れてくれば、注入完了です。 注入側のボルトも49N・mで締めて 作業完了です。

駆動系の全部のオイルが綺麗になったので、走行フィーリングは上々です。まるで、新車の様です。 まあ、新車の時のことは知らないのですが...

関連記事はこちらをどうぞ。
http://fatty-kaz.at.webry.info/201610/article_2.html 前回3万㎞ オイル交換記事
http://fatty-kaz.at.webry.info/201511/article_6.html デフオイル交換記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック